星空カフェ@上尾

 一凜珈琲上尾店の駐車場で月と惑星を中心とした星空観望会を毎月行っています。新型コロナウィルス流行の為休止中。


  今年はなかなか梅雨が明けませんね。
コロナウィルス感染防止の観点からは外出を控えていいかもしれません。

 今月もアストロアーツの 星空ガイド 紹介します。
 今月は4日が満月、12日が下弦、19日が新月で、26日上弦です。
 木星と土星が見ごろとなっています。

1.木星 
 宵の頃南東の空で明るく輝いています。
天体望遠鏡を使うと表面の縞模様や周囲を回る4つのガリレオ衛星を見ることができます。

2.土星
 宵の頃南東の空で明るい木星の左下にいます。木星に比べると普通の星の様です。
 でも望遠鏡で見てみるとかわいい輪があります。

3.ペルセウス流星群 12日深夜から13日明け方
 極大時刻は12日深夜22時の予測です。よって12日の深夜から13日明け方にかけて見ごろになると予想されています。下弦の月がおうし座にあり夜空を照らすため条件はやや悪いが、ペルセウス座流星群の流れ星は明るいものが多いので、月から離れた方向を中心に広く空を見渡せばいくつか見られるでしょう。

4.細い月と金星の接近 16日の未明から明け方
 東の空で細い月と金星が接近します。
s-IMG_4778sq

 例年8月は大きな星祭りがありますが今年はコロナ禍で参加できるものは無いようです。
 第27回サマーホリデーin原村星まつり「中止」
 胎内星まつり 8月21日(金)~23日(日)無観客ネットワーク生中継

 星空カフェ(観望会)は8月から再開したいと考えていましたが現在のコロナウィルス感染状況を鑑み引き続き休止とさせていただきます。

 今年の梅雨は雨が多く梅雨らしい天気が続いています。
コロナウィルス感染防止の観点からは外出を控えていいかもしれません。

 今月もアストロアーツの 星空ガイド 紹介します。

 今月は5日が満月、13日が下弦、21日が新月で、27日上弦です。
木星と土星がいよいよ見ごろを迎えます。他に見所も多いので早く梅雨明けして欲しいものです。


1.木星
 宵のころ南東の空にひときわ輝いている木星が14日にいて座で衝を迎えます。天体望遠鏡を使うと表面の縞模様や周囲を回る4つのガリレオ衛星を見ることができます。まだ先にはなりますが8月の星空カフェでお見せしたいと思います。

2.土星
 木星の左下には土星があります。木星に比べると暗く普通の星の様です。21日に衝を向かえ見頃ですので是非天体望遠鏡で美しい輪を見てください。先にはなりますが8月の星空カフェでお見せしたいと思います。

R2土星
               スタッフのdemioさん撮影

3.細い月と金星のランデブー 17日の3時半前後
 東の空で細い月と金星が並びます。

4.明け方の空に全惑星集合 16日ごろから26日ごろ
 明け方の空に水星から海王星まで7惑星が全部見えます。魚眼レンズを使えば一度に全惑星を納めるチャンスとなります。天王星と海王星を見るには双眼鏡や望遠鏡が必要となります。さらに19日ごろまでは下弦過ぎの細い月も同時に見えます。タイミングは日の出の1時間前から30分前くらいの約30分間となります。見晴らしの良いところで観察しよう。

 2016年 5惑星と月
m-5惑星206

5.ネオワイズ彗星(C/2020 F3) 中旬以降
 ネオワイズ彗星が3等前後まで明るくなると予想されています。中旬以降に夕方から宵の北西の空に見えます。
7/11追記)すでに1~2等級にまで明るくなって市街地からでも見られます。問題は天気です。探し方は ここ


 8月の定例星空カフェ(観望会)の開催は8月29日(土)19時00分~の予定です。
コロナウィルスの感染の状況によりますが8月1日(土)19時00分~臨時開催の予定です。近くなったら開催の有無含めここに告知します。次回は記念すべき100回目に当たります。

   今年は5月中旬過ぎから梅雨のような天気が見られます。
今年の梅雨はどんな梅雨になるでしょうか?集中豪雨も困りますね。
梅雨の晴れ間がありましたら星空を見上げてください。
天頂にはうしかい座のアークトゥルスが輝いています。全天でシリウス、カノープス に次いで3番目の明るさです。和名は「麦星」と言われ、麦を刈り入れる頃になると日没後にアークトゥルスが頭上に輝くことから名付けられたそうです。

 今月もアストロアーツの 星空ガイド 紹介します。
 今月は6日が満月、13日が下弦、21日が新月で、28日上弦です
 
1.水星が東方最大離角 4日
 夕方の西北西の低空に見えている水星が、6月4日に太陽から最も離れて東方最大離角となり、この前後1週間位は水星が見易いです。見やすいといっても日の入り45分後の高度は10度程度。5月中は近くに金星があり目印となったが6月になると目印が無く見つけづらいのが難点。

s-IMG_8413t
2020年5月24日 撮影

2.部分日食 21日(日)
 夏至の日の夕方16時ごろから18時ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます。
東京で最大に欠けて1/3位。17:10
日食メガネ等が無いと欠けている様子はわかりませんので事前に用意して安全に観察してください。
日食が始まるときの太陽の高度は30~45度くらい、終わるころには10~15度しかありません。
西~西北西の視界を事前に確かめておきましょう。

 観望会の再開についてですが緊急事態宣言はとりあえず解除されたようですがコロナウィルスが無くなったわけではありません。
現在木星、土星等の惑星が見えない時期なので梅雨が明け惑星の見える8月から再開したいと考えております。

 次回の定例星空カフェ(観望会)開催は年間予定では8月29日(土)です。状況が許せは8月1日(土)もできるかもしれません。事前に告知いたします。

↑このページのトップヘ